インフルエンザ増えてきました。

インフルエンザの患者さんが徐々に増えてきました
拡大・予防のために、熱が38℃以上あるお子さんはマスクの着用をお願いします。
 
インフルエンザは一般のかぜと比べて、感染力が強く、また重症化もしやすいです。
インフルエンザの症状は、頭痛、関節痛、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、急激な38℃以上の熱・・・・・
家で安静にして、睡眠を十分にとりましょう。高熱により脱水状態になることもあるので、スポーツドリンクなどで水分補給をすることも大事です。
 
インフルエンザウイルスは、飛沫感染と接触感染で人から人へ感染します。
飛沫感染・・・せき・くしゃみをしたときに、唾液が細かなしぶきになって周囲に飛び散り感染する
接触感染・・・唾液や、鼻をかんだ後のティッシュ、テーブルや布団などを別の人が触ってそのまま手づかみで物を食べたり口元を触ったりすることで感染する
 
≪手洗い・うがい≫
ウイルスの接触感染を防ぐために、手洗いはとても重要
外出した後や、食事の前には手洗い・うがいをしましょう。
院長曰く、うがいが出来ない時はお茶を飲んで、喉にいるバイキンを流し込むと良いそうですよ
 
≪アルコール消毒≫
アルコール消毒も効果的
十分な量の消毒用アルコールを手や指にもみ込む。
 
≪せきエチケット≫
感染予防のためにせき・くしゃみをする際に口元を覆う「せきエチケット」が重要
マスクの着用にも同様の効果があります。 マスクは、口元だけするのではなく、口元・鼻まで覆いましょう
 
他にも、人混みや、感染者が多い場所を避けること、部屋の空気の入れ替える、自宅や職場での乾燥を避けること(加湿器などで適度な湿度を保つ50%~60%)も有効です。
 
 
インフルエンザと診断されて、登園・登校許可書が必要な方は、
診察券・保険証・受給者証・熱の経過がわかる表・所定の許可書(名前を記入)を持って
マスクをしてご来院ください。
許可書は、診察代とは別に540円かかります!
 
 
 
 
 
記事一覧へ戻る

インフルエンザ増えてきました。

インフルエンザの患者さんが徐々に増えてきました
拡大・予防のために、熱が38℃以上あるお子さんはマスクの着用をお願いします。
 
インフルエンザは一般のかぜと比べて、感染力が強く、また重症化もしやすいです。
インフルエンザの症状は、頭痛、関節痛、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、急激な38℃以上の熱・・・・・
家で安静にして、睡眠を十分にとりましょう。高熱により脱水状態になることもあるので、スポーツドリンクなどで水分補給をすることも大事です。
 
インフルエンザウイルスは、飛沫感染と接触感染で人から人へ感染します。
飛沫感染・・・せき・くしゃみをしたときに、唾液が細かなしぶきになって周囲に飛び散り感染する
接触感染・・・唾液や、鼻をかんだ後のティッシュ、テーブルや布団などを別の人が触ってそのまま手づかみで物を食べたり口元を触ったりすることで感染する
 
≪手洗い・うがい≫
ウイルスの接触感染を防ぐために、手洗いはとても重要
外出した後や、食事の前には手洗い・うがいをしましょう。
院長曰く、うがいが出来ない時はお茶を飲んで、喉にいるバイキンを流し込むと良いそうですよ
 
≪アルコール消毒≫
アルコール消毒も効果的
十分な量の消毒用アルコールを手や指にもみ込む。
 
≪せきエチケット≫
感染予防のためにせき・くしゃみをする際に口元を覆う「せきエチケット」が重要
マスクの着用にも同様の効果があります。 マスクは、口元だけするのではなく、口元・鼻まで覆いましょう
 
他にも、人混みや、感染者が多い場所を避けること、部屋の空気の入れ替える、自宅や職場での乾燥を避けること(加湿器などで適度な湿度を保つ50%~60%)も有効です。
 
 
インフルエンザと診断されて、登園・登校許可書が必要な方は、
診察券・保険証・受給者証・熱の経過がわかる表・所定の許可書(名前を記入)を持って
マスクをしてご来院ください。
許可書は、診察代とは別に540円かかります!
 
 
 
 
 

記事一覧へ戻る